文字の大きさ

中国ろうきんについて

中国ろうきんとは

私たち〈ろうきん〉は、働く人たちのあたたかな絆から生まれた生活応援バンクです。その基本姿勢も、社会的な役割も、暮らしに役立つプランやサービスも、すべてが働く人の視点にたって発想されたもの。働く人と人の真ん中で、暮らしを見つめ、ニーズをつかみ、そして賢い生活を送るためのベストアドバイスを提案できる、働く人たちのいちばん身近で親しみやすい福祉金融機関でありたいと思います。

ろうきんの理念

ろうきんは、働く人の夢と共感を創造する協同組織の福祉金融機関です。 ろうきんは、会員が行う経済・福祉・環境および文化にかかわる活動を促進し、 人々が喜びをもって共生できる社会の実現に寄与することを目的とします。 ろうきんは、働く人の団体、広く市民の参加による団体を会員とし、 そのネットワークによって成り立っています。 会員は、平等の立場でろうきんの運営に参画し、運動と事業の発展に努めます。 ろうきんは、誠実・公正および公開を旨とし、健全経営に徹して会員の信頼に応えます。

私たちの基本姿勢

目的
「はたらく仲間がつくった金融機関」
ろうきんは、労働組合や生活協同組合のはたらく仲間が、お互いを助け合うために資金を出し合ってつくった、協同組織の金融機関です。わが国に金融機関はたくさんありますが、はたらく仲間とその家族の生活が豊かになることを目的につくられた金融機関は、ろうきんだけです。はたらく人たちの暮らしを支え、快適で過しやすい社会づくりをめざしています。
運営
「営利を目的としない金融機関」
銀行は株式会社です。従って株主の株式持高により運営が左右され、一般利用者の小さな声はなかなか反映されません。一方ろうきんは、労働金庫法という法律にもとづいて、非営利を原則に、会員(労働組合、生活協同組合などの団体)の一人ひとりが主人公として、公平かつ民主的に運営されています。
運用
「生活者本位に考える金融機関」
ろうきんの業務内容は、預金やローン・各種サービスなど、銀行とほとんど変わりません。しかし、はたらく仲間から預かった資金は、はたらく仲間の大切な共有財産として、住宅・車・教育など、生活を守り、より豊かにするために使われています。企業中心に融資している銀行とは、資金の運用面でもはっきりと違います。