お問い合わせ・ご相談 店舗・ATM フリーダイヤル 0120-86-3760
  • icon_font_off
  • icon_search_off
文字の大きさ

健康経営推進に向けた取組み

労働金庫健康経営宣言

労働金庫業態は、役職員等の健康増進への取組みを戦略的な“投資”と位置付け、生産性向上や医療費負担の削減、さらに成長性のある企業として社会的価値の向上をめざす「健康経営」を業態として推進するため、業態全体の健康管理指針として「労働金庫健康経営宣言」を策定し、2017年度より取組んでいます。

「労働金庫健康経営宣言」

〇中国労働金庫は、『働く人の夢と共感を創造する協同組織の福祉金融機関』として、その社会的使命と役割を果たすために、職員が心身ともに健康で安心して働き続けることができる職場づくりをめざします。

〇中国労働金庫は、職員が心身ともに健康で安心して働き続けることができる職場づくりに向け、具体的な施策を積極的に推進します。

〇中国労働金庫に働くすべての役職員並びにその家族は、ヘルスリテラシーの向上と健康な心身づくりを自律的に実践します。

中国労働金庫の「健康管理行動計画」策定について
(2019年度~2021年度)

当金庫では、本宣言を具体化するために「健康管理行動計画」を策定し、5つの基本方針をもとに役職員等の健康の維持・推進に取組んでいます。

①健康管理態勢
人事課・産業医・産業看護職が適切に情報を共有し、産業保健体制の充実を図る。

②健康診断・事後措置
再・精密検査の受診率100%の早期達成をめざし、働きかけを行う。

③過重労働対策
長時間労働削減に向け、働き方の改善に向けた取組みを行う。

④メンタルヘルス対策
管理監督者のラインケア能力の向上を図る。
ストレスチェック結果を基にした職場環境改善に取組む。

⑤受動喫煙対策
敷地内完全禁煙に向け、喫煙時間および喫煙場所を段階的に制限する。

すべての職員が健康で活き活きと働くことができる職場環境を構築することにより、職員の働きがいを高め、より質の高い金融サービスをお客さまに提供していきます。