住宅ローン(固定金利選択型)

こんな方におすすめ!

教育費や車のローン返済などがあり、住宅購入後の一定期間は返済額を抑えたい方に。

知っておきたいリスク

固定金利の特約期間終了後に当初金利より上昇すると、返済額が増加する場合があります。

特徴

  • 3年・5年・10年の一定期間(特約期間)は、金利と毎月の返済額が変わらず、返済計画が立てやすい。
  • 特約期間終了後は、希望をすれば他の固定期間または変動金利型に変更できる。

選ばれるポイント

  • 保証料・生命保険料・繰上げ返済手数料は〈ろうきん〉が負担!0円
  • 他金融機関等の各種ローンからの借換え費用や家具・家電・自動車関連費用を住宅ローンと同じ金利で最高500万円までご融資!
  • ご利用中に車や教育などの〈ろうきん〉無担保ローンをご契約いただくと、最も低い金利を適用!
  • ネットでサクッとカンタン!仮申込み
  • ローンシミュレーション

金利

3年もの
適用金利/年利

0.90%~2.70(基準金利)

5年もの
適用金利/年利

1.00%~2.70(基準金利)

10年もの
適用金利/年利

1.15
3.00(基準金利)

※毎月基準金利の見直しを行いますので、
金利の変更がある場合もございます。

条件を満たす方は、表示金利から引下げした金利でご利用いただけます。

金利引下げ項目はこちら

当初特約期間の適用金利(年利)

3年もの

金利A
0.90(基準金利より△年1.80%)
金利B
1.40(基準金利より△年1.30%)
基準金利
(A・Bに該当されない方)
2.70

5年もの

金利A
1.00(基準金利より△年1.70%)
金利B
1.40(基準金利より△年1.30%)
基準金利
(A・Bに該当されない方)
2.70

10年もの

金利A
1.15(基準金利より△年1.85%)
金利B
1.95(基準金利より△年1.05%)
基準金利
(A・Bに該当されない方)
3.00

次の(1)〜(6)の項目をチェックしてみましょう

下記の(1)〜(6)のうち
3項目以上該当
金利A
下記の(1)〜(6)のうち
2項目以上該当
金利B

金利引下げ項目

(1)「財形貯蓄」、「年金そな衛門」、または「ドレミ協奏曲」のいずれかをご契約の方

(2)〈ろうきん〉の「積立性預金」で積立を5年以上ご継続の方 ※積立性預金とは、「財形貯蓄」・「エース預金」・「積立定期預金」のことをいいます。

(3)カードローン「マイプラン」をご契約の方

(4)次のいずれかを満たす方
■「給与振込(全額振込)」を実施の方
■「年金振込」をご指定の方
■「公共料金」(電気、電話、ガス、水道、NHK)2種類以上の自動振替をご指定の方 ※「給与振込」「年金振込」「公共料金」は同居家族名義のご契約またはご指定を含みます。
「公共料金」の自動振替契約は、クレジットカードによる支払いを含みます。
「電話」は、携帯電話を含みます。

(5)「他金融機関住宅ローン」からの借換えをされる方

(6)次のいずれかを満たす方
■「宅建協会」または「全日協会」からの紹介で住宅新築、購入を目的にお申込みをされる方
■「環境配慮型住宅」の新築・購入、もしくは「環境配慮型設備」を設置される方
※「環境配慮型」とは、オール電化住宅、ガス化住宅、または電気調理器および電気給湯器(電気温水器またはエコキュート)・ガスエンジン給湯器・潜熱回収型ガス給湯器・家庭用GHP・家庭用ガスコージェネレーションシステム・住宅用太陽光発電システム・家庭用燃料電池システム等をいいます。
■「適合R住宅」または「安心R住宅」を購入される方
※「適合R住宅」とは、一般社団法人リノベーション協議会が定める基準を満たした中古住宅、「安心R住宅」とは国土交通省が定める基準を満たした中古住宅のことをいいます。

特約期間終了後に固定金利型を再特約される場合は、
再特約時の基準金利より年1.00を差し引きます。

  • ※金利A・Bについては、お借入当初の特約期間に限り適用いたします。
  • ※お借入れ当初の特約期間中は固定金利となります。特約期間は融資日から初回の約定返済日を起点とし、3年ものについては3年後(5年ものは5年後、10年ものは10年後)の応当日の1カ月前の約定返済日までとなります。
  • ※特約期間終了後は、お借入れ当初にご契約いただいた固定金利の特約期間で再特約(自動更新)となります。
  • ※特約期間終了時に〈ろうきん〉よりご案内しますので、特約期間等の契約変更を希望される場合は変更契約書等をご提出いただくことにより、他の固定期間または労金変動型住宅ローンプライムレートに変更できます。
  • ※固定金利の特約期間中に変動金利を選択することはできません。
  • ※3年ものについては、再特約時に返済終了まで3年未満となった場合は変動金利となります。
    5年ものについては、再特約時に返済終了まで5年未満となった場合は、3年ものまたは変動金利の選択ができます。
    10年ものについては、再特約時に返済終了まで10年未満となった場合は、5年もの、3年ものまたは変動金利の選択ができます。
  • ※変動金利型住宅ローンから固定金利選択型住宅ローンへ切替えする場合は、手数料が別途5,500円必要となります。
  • ※融資利率は毎月改定します。適用利率は金銭消費貸借契約日または申込時のいずれか低い方の金利となります。

金利設定の条件

毎月基準金利の見直しを行いますので、金利の変更がある場合もございます。

  • ※「再特約時の金利差し引きのしくみ」
    特約期間終了後に固定金利選択型を再特約される場合に、再特約時の基準金利から年利1.00%を差し引かせていただきます。
  • ※金利A・Bの適用は当初の特約期間のみとなります。

商品概要

お使いみち
  • 自己(もしくは親または子)居住用の住宅購入・新築・増改築修繕資金、宅地購入資金等住宅関連資金
  • 自己(もしくは親または子)居住に係る公的金融機関、銀行等金融機関または勤務先(共済組合を含む)の住宅ローンの借換資金

住宅プラス500についてはこちら

お申込条件
  • 前年の税込年収が150万円以上の方
  • 保証機関の保証が受けられる方
ご融資限度額
  • 最高1億円
ご融資期間
  • 最高40年
ご返済方法
  • 元利均等毎月返済または元利均等毎月・ボーナス併用返済(ボーナス併用割合は50%以内) ※元利均等返済とは、返済期間を通じて元金と利息の合計額が均等となるよう計算された一定額を毎回支払う方式をいいます。
保証
  • (一社)日本労働者信用基金協会 または 全国保証(株) ※2号会員(提携生協)、4号会員の構成員の方、または一般のお客さまが(一社)日本労働者信用基金協会の保証を受けられない場合は、全国保証(株)を保証会社とした再審査を行います。またこの場合は適用金利が異なります。詳しくは融資金利一覧をご覧ください。
担保
  • 融資対象不動産(原則として第1順位の抵当権を設定します)

(2021年06月01日現在)

手数料について

有担保住宅ローン取扱手数料はこちら

お客さまの所属団体によって、取扱手数料率が異なります。

  • 1.1号・3号会員または4号特例会員構成員の方★1、「しあわせの襷<たすき>」特典カード<ご家族さま用>をご提示の方……33,000円
    なお、当該事業体に勤務する管理職の方も含みます。
  • 2.2号会員(提携生協)の構成員の方とその同一生計配偶者の方、または4号会員の構成員の方★2……融資額×1.10%
  • 3.一般のお客さま(中国ろうきん友の会賛助会員)★3……融資額×1.54%

[取扱手数料の取扱い]
取扱手数料は、ご融資の資金使途に含めることができます。

※ 6カ月以内に融資金を全額返済された場合は、手数料を全額お返しいたします。

  • (★1)
    ・ 1号・3号会員、4号特例会員の構成員とは?
    中国労働金庫に出資のある、(1)労働組合(1号会員)、(2)国家公務員・地方公務員等の団体(3号会員)、(3)勤労者のための福利共済活動を目的とする職域団体のうち、4号特例会員に認定されている団体の構成員の方です。
  • (★2)
    ・2号会員構成員とは?
    当金庫に出資のある提携生活協同組合の組合員の方です。
    ・4号会員構成員とは?
    当金庫に出資のある勤労者のための福利共済活動を目的とする職域団体のうち、4号特例会員を除く団体の構成員の方です。
  • (★3) 一般のお客さまとは?
    労働組合等のない職場で働く方や、〈ろうきん〉に出資されていない労働組合等の構成員の方です。この場合は、中国ろうきん友の会に入会していただき賛助会員となることで、〈ろうきん〉をご利用いただけます。

★1~★3について、くわしくは〈ろうきん〉までお問い合わせください。

繰上返済手数料は無料 ※ただし、他金融機関への借換えの場合は、別途55,000円の手数料が必要です。

生命保険について

〈ろうきん〉の有担保住宅ローンには生命保険がついています。

住宅ローンをご利用いただいた方が、万が一お亡くなりになったり、高度障がいといった不測の事態になった場合にそなえ、ご家族のご負担を軽減するための生命保険がついています。

ろうきん団体
信用生命保険制度

  • (1)保障制度
    お借入れ残高かつ1億円以内。
    [保障対象金額] = (お借入残高)
  • (2)保険期間
    返済期間と同一、かつお借入された方の年齢が満76歳の誕生日の前日まで。

お客さまのご負担で任意の火災共済・保険に加入していただくことになります。
なお、融資条件により火災共済・火災保険に第一順位の質権を設定する場合があります。

ご希望により「夫婦連生団信制度」または「ろうきんオールマイティ保障型団信」に加入することができます。

  • ※全国保証(株)の保証を利用される場合は、3大疾病保障特約付リビング・ニーズ特約付団体信用生命保険に加入することができますが、夫婦連生団信制度への加入はできません。

その他関連リンク

  • ネットでサクッとカンタン!仮申込み
  • ローンシミュレーション