手数料一覧

為替手数料

(消費税込み)

振込手数料

●窓口利用(電信扱い)

種類 手数料
同一店 本・支店宛
(ろうきん内・全国)
他行宛
5万円未満 330円 330円 600円
5万円以上 550円 550円 770円

●窓口利用(文書扱い)

種類 手数料
同一店 本・支店宛
(ろうきん内・全国)
他行宛
5万円未満 600円
5万円以上 770円

●自動機(ATM)利用

★「ご利用自動機(ATM)と同一店の口座へ振込」の場合に無料となります。

種類 手数料
同一店 本・支店宛
(ろうきん内・全国)
他行宛
5万円未満 無料★ 110円 380円
5万円以上 無料★ 330円 550円

●テレフォンバンキング利用

種類 手数料
同一店 本・支店宛
(ろうきん内・全国)
他行宛
5万円未満 無料 110円 380円
5万円以上 無料 330円 550円

●自動送金利用(※)

種類 手数料
同一店 本・支店宛
(ろうきん内・全国)
他行宛
5万円未満 無料 110円 380円
5万円以上 無料 330円 440円

●ファームバンキング・インターネットバンキング(団体向け)フルタイプ利用

種類 手数料
同一店 本・支店宛
(ろうきん内・全国)
他行宛
5万円未満 無料 無料 160円
5万円以上 無料 無料 160円

●インターネットバンキング・インターネットバンキング(団体向け)ライトタイプ利用

種類 手数料
同一店 本・支店宛
(ろうきん内・全国)
他行宛
5万円未満 無料 無料 160円
5万円以上 無料 無料 160円

●財形年金支払・エース年金支払

種類 手数料
同一店 本・支店宛
(ろうきん内・全国)
他行宛
1件につき 無料 無料

送金手数料

種類 手数料
同一店 本・支店宛
(ろうきん内・全国)
他行宛
1件につき 440円 660円

代金取立手数料

種類 手数料
同一店 本・支店宛
(ろうきん内・全国)
他行宛
普通扱い(1通につき) 660円
至急扱い(1通につき) 440円 880円

その他諸手数料

●送金・振込の組戻料(1件につき)

本・支店宛(ろうきん内・全国) 他行宛
660円 660円

●取立手形組戻料(1通につき)

本・支店宛(ろうきん内・全国) 他行宛
660円 660円

●取立手形店頭呈示料(1通につき)

本・支店宛(ろうきん内・全国) 他行宛
660円 660円

●不渡手形返却料(1通につき)

本・支店宛(ろうきん内・全国) 他行宛
660円 660円

(2022年6月1日現在)

  • ※同一店内振込みの為替手数料については個人取引のみ必要となります。「窓口利用のお振込」の場合は「ご利用店と同一店の口座への振込」、また、「自動機(ATM)でのお振込」の場合は、「ご利用自動機(ATM)と同一店の口座への振込」の手数料を表示しています。なお、「インターネットバンキング・テレフォンバンキングを利用してのお振込」の場合は、「ご利用口座と同一店の口座への振込」の手数料を表示しています。
  • ※団体出資会員の同一店内振込み、本支店宛振込み(自動機(ATM)利用を除く)の為替手数料は無料となります。
    (インターネットバンキング(団体向け)、ファームバンキング、ANSER利用も含みます。)
  • ※相続手続きで口座解約した資金を当金庫預金口座に振り込む場合の為替手数料は無料となります。
  • ※当金庫に普通預金口座をお持ちで、視覚障がいにより自動機(ATM)のご利用が困難な場合、窓口利用の振込手数料を自動機(ATM)利用の振込手数料と同額でご利用いただけます。
  • ※自動送金のご利用にあたっては、為替手数料とは別途に取扱手数料が必要となります。

ろうきんATMを利用した場合のお引出し手数料

(消費税込み)

●平日のご利用

労金のカード 全国キャッシュサービス
(MICS)加盟の他行のカード
ゆうちょ銀行のカード
無料 8:45~18:00
110円
8:45~18:00
110円
8:00~ 8:45
18:00~21:00
220円
7:00~ 8:45
18:00~23:00
220円

●土曜日のご利用

労金のカード 全国キャッシュサービス
(MICS)加盟の他行のカード
ゆうちょ銀行のカード
無料 8:00~21:00
220円
9:00~14:00
110円
7:00~9:00
14:00~23:00
220円

●日曜・祝日

労金のカード 全国キャッシュサービス
(MICS)加盟の他行のカード
ゆうちょ銀行のカード
無料 8:00~21:00
220円
7:00~21:00
220円

(2022年6月1日現在)

  • ※上記は、ろうきんCD・ATMで労金のカード・他行・郵貯カードをご利用いただいた場合の手数料です。
  • ※年末休日については該当する曜日の手数料、取扱時間に対応します。(ただし、全国キャッシュサービス(MICS)加盟の他行カードは曜日に関係なく終日220円といたします。)

その他の手数料

(消費税込み)

●小切手帳発行手数料

項目 手数料 対象者
1冊(50枚綴り) 550円 団体・個人

●手形帳発行手数料

項目 手数料 対象者
1冊(50枚綴り) 550円 団体・個人

●自己宛小切手発行手数料

項目 手数料 対象者
1枚につき 550円 団体(会員は除く)・個人

●現金デリバリーサービス利用手数料
(毎月1回は無料、同一月2回目以降1回当たり)

手数料 対象者
550円 個人

●通帳・証書再発行手数料 ※1 ※2 ※3

手数料 対象者
1,100円 団体・個人
  • ※1 総合口座通帳再発行に伴い、総合口座通帳とエース預金通帳が分冊発行された場合の再発行手数料は1件分のみいただきます。
  • ※2 自然災害および居住建物の火災が原因の場合は、再発行手数料は不要です。
  • ※3 成年後見制度を利用し、法定代理人を通じて取引をされる方の通帳・証書等の再発行の場合は、再発行手数料は不要です。
    また、預金相続の名義変更時における通帳・証書等の再発行の場合は、再発行手数料は不要です。

●普通預金(有通帳型)切替手数料

手数料 対象者
1,100円 団体・個人

●キャッシュ(ローン)カード再発行手数料 ※4

手数料 対象者
1,100円 団体・個人
  • ※4 ICカードを含みます。

●ICカード発行手数料 ※5

手数料 対象者
1,100円 団体・個人
  • ※5 新規発行(初回)または磁気カードから初めてICカードに切替える場合が対象となります。なお、ローンカードのICカード発行手数料は不要です。

●貸金庫カード再発行手数料

手数料 対象者
1,100円 団体・個人

●ダイレクトカード再発行手数料

手数料 対象者
無料 個人

●証明書発行手数料

項目 手数料 対象者
(残高証明書等)
1通当たり
220円 団体(会員・認定団体は除く)・個人
(取引明細)
1口座6カ月毎 ※6 ※7
220円
  • ※6 期間は歴月ベースで計算します。(例:2017年1月20日~2017年2月3日は2カ月分として計算します)
    なお、依頼期間内に新規(解約)がある場合は、その日を開始日(終了日)とみなします。
  • ※7 相続預金に関する取引履歴証明書を含みます。

●保有個人データ開示手数料 ※8 ※9

項目 手数料 対象者
基本手数料 氏名・住所・生年月日・電話番号・労働組合(団体会員名)等 依頼書1通550円
(郵送の場合1,100円)
個人
加算手数料 預金残高・借入残高 1口座1基準日毎550円
取引明細 ※6 1口座1カ月毎550円
その他 1項目毎550円
  • ※6 期間は歴月ベースで計算します。(例:2017年1月20日~2017年2月3日は2カ月分として計算します)
    なお、依頼期間内に新規(解約)がある場合は、その日を開始日(終了日)とみなします。
  • ※8 自身の個人情報について、金庫の取扱いを確認するために開示請求するものを対象とします。
  • ※9 検索等にコストがかかる場合は別途実費相当分の追加手数料をいただきます。

●有担保ローン全額繰上償還手数料

手数料 対象者
無料 個人

●有担保ローン借換手数料(他行への借換) ※10

手数料 対象者
55,000円 個人
  • ※10 住宅つなぎローン、リバースモーゲージローンについても対象とします。

●特約付住宅ローン繰上償還手数料 ※11

手数料 対象者
無料 個人
  • ※11 全期間固定金利型、上限金利型および固定金利選択型住宅ローンが対象となります。

●切替手数料
(長プラ変動から新基準変動型貸付への切替)
(当初新基準変動型貸付から固定金利選択型および上限金利設定型住宅ローンへの切替)

手数料 対象者
5,500円 個人

●不動産担保取扱手数料 ※12
(有担保住宅ローンを除く貸付申込1件当たり)

手数料 対象者
33,000円 団体(会員は除く)・個人
  • ※12 フラット35またはフラット50とろうきん住宅ローンの併用融資の場合、不動産担保取扱手数料は不要です。

●フラット35事務手数料、フラット50事務手数料(貸付申込1件当たり) ※13

手数料 対象者
融資額
×2.20%
個人
  • ※13 フラット35またはフラット50の事務手数料方式を選択した場合にいただきます。この場合、不動産担保取扱手数料は不要です。

●貸付取引移管手数料(他金庫に移管する場合)

手数料 対象者
無料 個人

●有担保住宅ローン取扱手数料 ※14 ※15 ※16
(貸付申込1件当たり)

手数料 対象者
33,000円 1号・3号および4号特例会員構成員とその事業体に所属する管理職の方★1
有担保住宅ローンをご利用中の方が再利用する場合
融資額
×1.54%
一般のお客さま(中国ろうきん友の会賛助会員)★3
融資額
×1.10%
2号会員(提携生協組合)およびその同一生計配偶者、または4号会員の構成員★2
  • ※14 有担保住宅ローンを対象とし、不動産担保取扱手数料は不要です。
  • ※15 融資金を6カ月以内に全額返済した場合、手数料全額をお返しいたします。
  • ※16 主債務者の方を対象とします。(申込時または実行時のいずれかにて判定いたします。)

●保護預り料

項目 手数料 対象者
封緘方式
(保管袋1個当たり)
550円 団体・個人
公共債保護預り料 1,320円

●リバースモーゲージローン取扱手数料

手数料 対象者
33,000円 1号・3号および4号会員構成員(中国ろうきん友の会賛助会員を除く)とその事業体に所属する管理職の方★1、★2
55,000円 2号会員★2
一般のお客さま(中国ろうきん友の会賛助会員)★3

●夜間金庫手数料

項目 手数料 対象者
基本料(年額) 26,400円 団体・個人
取扱手数料
(入金帳1冊)
3,300円

●貸金庫(年間契約手数料) ※17

項目 使用料 対象者
13,200円 団体・個人
16,500円
18,700円
  • ※17 取扱店は本店営業部、山口支店となります。

●ファーム・バンキング

項目 手数料 対象者
契約手数料 無料 団体(会員、会員所属企業および認定団体は除く) ※18
利用手数料
(月額)
3,300円
  • ※18 ANSER契約も同様です。

●自動送金手数料(取扱手数料)

手数料 対象者
55円 団体・個人

●インターネットバンキング利用手数料(年額)

手数料 対象者
無料 個人

●団体IBパスワード生成機追加・再発行手数料

手数料 対象者
1,650円 団体

●団体IB一括口座確認手数料

手数料 対象者
無料 団体

●法人版インターネットバンキング(ライトタイプ)利用手数料(月額)

手数料 対象者
1,100円 団体(会員、会員所属企業および認定団体は除く)

●法人版インターネットバンキング(フルタイプ)利用手数料(月額)

手数料 対象者
3,300円 団体(会員、会員所属企業および認定団体は除く)

●両替等取引に係る手数料 ※19 ※20 ※21

(1)窓口(店頭)取引の場合

①1・3・4号会員(中国ろうきん友の会賛助会員を除く)の構成員で当金庫と口座取引のある方

枚数 手数料
(消費税込み)
1~50枚 無料
51~100枚 220円
101~500枚 440円
501~1,000枚 880円
1,001枚~ 500枚毎+330円

②上記以外の方

枚数 手数料
(消費税込み)
1~50枚 無料
51~100枚 550円
101~500枚 825円
501~1,000枚 1,100円
1,001枚~ 500枚毎+550円

(2)窓口(店頭)取引以外の場合

枚数 手数料
(消費税込み)
1~50枚 無料
51~100枚 550円
101~500枚 825円
501~1,000枚 1,100円
1,001枚~ 500枚毎+550円
  • ※19 団体出資会員の取引は対象外となります。
  • ※20 対象取引は両替のほか、硬貨入金(口座取引、振込、各種料金支払等)、金種指定払いを含みます。
  • ※21 以下の両替は手数料無料にて対応いたします。
    ・新券への両替(同一金種への交換のみ)
    ・汚損した現金の交換
    ・記念硬貨に係る両替

●出資金残高証明書手数料

手数料 対象者
220円 個人

●出資証券再発行手数料

手数料 対象者
550円 団体(出資会員)・個人
  • (★1) 1号・3号会員、4号特例会員の構成員とは?
    中国労働金庫に出資のある、(1)労働組合(1号会員)、(2)国家公務員・地方公務員等の団体(3号会員)、(3)勤労者のための福利共済活動を目的とする職域団体のうち、4号特例会員に認定されている団体の構成員の方です。
  • (★2) ・2号会員構成員とは?
    当金庫に出資のある提携生活協同組合の組合員の方です。
    ・4号会員構成員とは?
    当金庫に出資のある勤労者のための福利共済活動を目的とする職域団体のうち、4号特例会員を除く団体の構成員の方です。
  • (★3) 一般のお客さまとは?
    労働組合等のない職場で働く方や、労働組合等があっても〈ろうきん〉に出資されていない場合は、中国ろうきん友の会に入会していただき賛助会員となることで、〈ろうきん〉の利用資格を得ることができます。

★1~★3について、くわしくは〈ろうきん〉までお問い合わせください。

(2022年6月1日現在)