文字の大きさ

何のためにいくら必要?何円貯める?

意外とみんな貯めている!?あなたは平均より上?下?

同世代の貯蓄額、気になりませんか?貯蓄額は、非常に個人差が大きいもの。
みんなの平均額と比較してみて、自分の額が少ないと感じた方は
貯蓄を考え直すチャンスです!

例えば20代の単身世帯の場合は平均170万円。40代の二人以上の世帯の場合は平均650万円

全世帯の貯蓄額はコチラ!

※上記の平均額は中央値です。中央値とは、資料のすべてを、その値の大きさの順に並べたとき、中央にくる数値のこと。
※金融広報中央委員会「2017年 家計の金融行動に関する世論調査」(単身世帯)より
※金融広報中央委員会「2017年 家計の金融行動に関する世論調査」(二人以上世帯)より

あなたの人生の出費は何円かかるか、知っていますか?

あなたの目的には、一体いくら必要!?

  • 結婚資金を貯めたい
  • 車を買いたい
  • 教育資金を準備したい
  • 住宅の頭金を貯めたい
  • 老後の資金を貯めたい

金額別、効果的な貯蓄プランはコチラ!

1年後に50万円貯める!
毎月3万円×12ヵ月=36万円。ボーナス7万円×2回=14万円。合計1年間で50万円+利息

多目的に使えて積立中にいつでも自由に払い戻せる貯蓄プラン(エース預金一般型・一般財形など)がおススメです。フリープランにしておくと、旅行だけでなく車、結婚、引っ越しなどさまざまな用途に使うことができます。積立中に用途が変更になっても自由にご活用いただけます。

5年後に300万円貯める!
毎月7万円×12ヵ月=84万円。ボーナス10万円×2回=20万円。5年間で312万円+利息

人生で一番高価な買い物といわれる住宅の取得。購入時期や目標金額が、比較的明確な住宅購入資金の場合は、確実な貯蓄を実現する目標日指定型プランがおススメです。積立期間や金額をあらかじめ設定し確実に貯蓄して、満期日以降に一括して受取ることができます。

15年後に1,000万円貯める!
毎月4万円×12ヵ月=48万円。ボーナス10万円×2回=20万円。合計15年間で1,020万円+利息

老後資金を貯める場合は、受取開始日をあらかじめ設定し、退職後に定期的に受取ることができる貯蓄プラン(年金そな衛門・財形年金など)がおススメです。定期的な収入がなくなる退職後を見据えて、少額ずつ長期的な貯蓄が必要です。


積立期間中に、積立額の変更が可能です。くわしくは、お気軽に〈ろうきん〉までお問い合わせください。

STEP2 家計の理想と現実をシミュレーション!

  • 世代別平均貯蓄額を大公開!
  • 生涯マネープラン
  • お金に関する用語集
  • 生活に役立つマネートピックス