文字の大きさ

世代別平均貯蓄額を大公開!?

意外とみんな貯めている!?あなたは平均より上?下?

年齢別貯蓄額(中央値)※

  • 20代 単身世帯158万円 二人以上世帯215万円
    20代は、貯蓄額200万円未満という割合が、単身世帯で、約半数を占めています。中央値の158万円を最低目標として、金額は少なくてもいいので、給与天引きにするなど貯蓄の仕組みをつくり、20代から確実に貯められる習慣をつけることが大切です。
  • 30代 単身世帯500万円 二人以上世帯410万円
    各世代を通して一番貯蓄しやすい世代が30代。給料も増え、子どもがいる世帯でも教育費がさほどかからないので、一番の貯め時と言えます。今後、支出が増えていく教育費などのために、給与等の収入増をめざしつつ、貯蓄額も増やしていきましょう。
  • 40代 単身世帯789万円 二人以上世帯602万円
    40代は、子どもの教育費や住宅ローンをかかえるなか、老後準備に本腰を入れて取組んでいきたい世代です。親の病気や介護も気になる世代でもあります。60歳までに2,000万円貯めたいならば、半分の約1,000万円を貯めておくことを目標にしましょう。
  • 50代 単身世帯1,064万円 二人以上世帯1,074万円
    単身世帯では、子どもの教育費がかからない分、順調に貯蓄できているといえます。50代後半になると、二人以上の世帯では子どもが独立し始めます。教育にかかっていた費用を貯蓄にまわすなどして、月々の積立額を増額していくのがポイントです。
  • 60代 単身世帯1,323万円 二人以上世帯1,500万円
    60代になると、住宅ローンや教育費などが不要になるほか、退職金の影響もあり、3,000万円以上の高額貯蓄者の割合が最も多くなっています。ただし、統計によると60歳からの20年間、ゆとりある生活費に必要なお金は約8,400万円かかる(※1)という計算に。公的年金だけでなく、早いうちから補助貯蓄として年金性の積立預金を準備しておくと安心できます。※1.生活保険文化センター「生活保障に関する調査(2016年)」より

※中央値とは…資料のすべてを、その値の大きさの順に並べたとき、中央にくる数値のこと。
 平均値に比べ、極端なデータ(上記の場合、極端に貯蓄残高が多かったり少なかったりする世帯)の影響を受けにくい。
※金融広報中央委員会「2016年 家計の金融行動に関する世論調査」(単身世帯)より
※金融広報中央委員会「2016年 家計の金融行動に関する世論調査」(二人以上世帯)より

「結局、どれだけ貯めればいいの?」と思ったあなたのために!

月々のめやすは、手取り月収の10%!

まずは、手取り月収の10%をめやすにスタートしましょう。あなたが独身なのか、子どもがいるのかなど、ライフステージによって、必要な生活費は変わってきますので、あくまで無理のない金額から始めましょう。

  • ではこれからあなたは何円貯める!?目標貯蓄額シミュレーション
  • 手取り月収の10%を貯めたら、◯年後いくら貯まる?月々貯蓄額シミュレーション
  • 世代別平均貯蓄額を大公開!
  • 生涯マネープラン
  • お金に関する用語集
  • 生活に役立つマネートピックス