文字の大きさ

環境への取組み

detail_img

「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則
(21世紀金融行動原則)」への賛同

gensoku

中国労働金庫は、「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」(以下、金融行動原則という)に賛同し、署名いたしました。

金融行動原則は、地球の未来を憂い、持続可能な社会の形成のために必要な責任と役割を果たしたいと考える金融機関の行動指針として、国内の幅広い金融機関が参加した起草委員会によって、自主的に策定されたものです。

「ろうきんの理念」に「会員が行う経済・福祉・環境および文化にかかわる活動を促進し、人々が喜びをもって共生できる社会の実現に寄与することを目的とします。」と掲げ、中国労働金庫は、「エコアクション21」や「ろうきん森の学校」の取組みなど各種環境保護の取組みを進めております。

中国労働金庫は、持続可能な社会の形成に向けて金融機関としての責任と役割を果たすため、今後も金融行動原則の趣旨に基づく取組みを推進してまいります。

【金融行動原則】

  1. 自らが果たすべき責任と役割を認識し、予防的アプローチの視点も踏まえ、それぞれの事業を通じ持続可能な社会の形成に向けた最善の取組みを推進する。
  2. 環境産業に代表される「持続可能な社会の形成に寄与する産業」の発展と競争力の向上に資する金融商品・サービスの開発・提供を通じ、持続可能なグローバル社会の形成に貢献する。
  3. 地域の振興と持続可能性の向上の視点に立ち、中小企業などの環境配慮や市民の環境意識の向上、災害への備えやコミュニティ活動をサポートする。
  4. 持続可能な社会の形成には、多様なステークホルダーが連携することが重要と認識し、かかる取組みに自ら参画するだけでなく主体的な役割を担うよう努める。
  5. 環境関連法規の遵守にとどまらず、省資源・省エネルギー等の環境負荷の軽減に積極的に取組み、サプライヤーにも働き掛けるように努める。
  6. 社会の持続可能性を高める活動が経営的な課題であると認識するとともに、取組みの情報開示に努める。
  7. 上記の取組みを日常業務において積極的に実践するために、環境や社会の問題に対する自社の役職員の意識向上を図る。

エコアクション21

eco

地球温暖化や、エネルギーの枯渇など環境問題が深刻化し、解決に向けた運動が世界的に展開されています。中国ろうきんでは、2009年7月14日『環境への取組宣言』により取組みを開始し、環境省のガイドラインに沿った環境経営システム『エコアクション21』の認証を取得し、登録しました。

以下の環境理念・環境方針にもとづいて全役職員で環境への取組みを継続して実施していきます。

環境理念

中国ろうきんは、人々が未来にわたり、喜びを持って、共生できる自然と調和した社会を実現するため、全役職員が環境に対する高い意識を持ち、地球環境の保全活動に会員、地域のみなさまとともに積極かつ継続的に取組みます。

環境方針

中国ろうきんは、金融業務に係わる活動等によって環境に及ぼす影響を低減するために次の環境方針を設定して全役職員で実践します。

  1. 環境に関する法規制、条例を遵守します。
  2. 環境目標を設定して継続的に取組みを行うとともに、定期的にその効果を検証し改善を図ります。
  3. 環境目標として以下の項目を当金庫の全ての職場で実践します。
    • 地球温暖化対策として電気・ガス・ガソリンの使用量削減
    • 環境保護に向けて水資源の使用量削減
    • 廃棄物削減における事務用紙の有効利用
    • エコ商品の開発と推進
  4. 地域における環境活動への参加・支援を行います。
  5. 環境活動レポートを作成し、環境方針と共に金庫内外に公表します。

本店ビルの環境対応

2015年春に完成した本店ビルは、建築環境総合性能評価(CASBEE)の最高グレードS認証を取得し、最高グレードの環境性能を備えています。

【BEMSの導入】

ビルエネルギーマネジメントシステムを導入し、ビル全体のエネルギー管理を行っています。

●照明
全館LED照明を採用し、電気使用量を削減しています。
人感センサーライト付きダウンライトで照明をON/OFFし、消し忘れを防止しています。
●太陽光発電
屋上にパネルを設置し、最大で10kWの電力を供給しています。
●空調設備
ガスヒートポンプを3割程度採用し、電気使用量を削減しています。
●給水設備
雨水を貯留し、ろ過してトイレットの洗浄水に利用しています。
●外壁
ダブルスキンカーテンウォールを採用し、断熱効果で空調機器の負荷を低減しています。

ろうきん森の学校

japan

労働金庫の中央金融機関である労働金庫連合会は、2005年、創立50周年を機に、豊かな森の再生・環境問題に取組む人材育成を柱とした「ろうきん森の学校」を、全国3地区(富士山、福島、広島)に開校しました。

2015年度からは、新たに2地区(新潟・岐阜)を増設し合計5地区で、「森を育む」、「人を育む」、「森で遊ぶ」を柱に事業を展開し、「森づくり」から始まる「人づくり・地域づくり」につなげる環境教育事業をさらに発展させています。

中国労働金庫は「ろうきん森の学校」(広島地区)の地元金庫として地区連絡協議会に参加し、支援を行っています。

なお、2005年度から継続的に取り組んできたこの「ろうきん森の学校」の事業は、2015年に「国連生物多様性の10年日本委員会」が推奨する連携事業に認定されました。