文字の大きさ

技能者育成資金融資

技能者育成資金融資概要

借入資格
  • 厚生労働省制定の要領に定める資格要件を充足し、能開施設の確認を得た、満18歳以上の方であり、未成年者においては親権者の同意が得られる方 かつ、父母(または親権者)の住所または勤め先が当金庫の営業エリア内にある方
お使いみち
  • 職業訓練(職業能力開発大学校および公共職業能力開発施設(以下、「能開施設」といいます)の行う職業訓練)受講中の生活費
ご融資金額
  1. 訓練課程別融資限度額

    訓練課程 訓練期間(最長) 融資限度額
    自宅 自宅外
    普通課程の普通職業訓練 (高卒程度)1年 260,000 310,000
    (高卒程度)2年 520,000 620,000
    (高卒程度)3年 780,000 930,000
    (高卒程度)4年 1,040,000 1,240,000
    専門課程または応用課程の
    高度職業訓練
    2年 1,000,000 1,180,000
    総合課程の高度職業訓練 4年 2,000,000 2,360,000
    長期養成課程または
    高度養成課程の指導員訓練
    2年 1,000,000 1,180,000

  2. 入校料(希望者のみ)

    訓練課程 機構立長期養成課程 機構立総合課程 都道府県立
    入校料 280,000 280,000 -
ご融資方法
  • 融資ご利用のお客さまの「ろうきん普通預金口座」へ入金
貸出形式
  • 証書貸付(一括)
    2012年度までにお申込みいただいている方で、分割融資が残っている方につきましては、引継ぎ分割融資で対応いたします。
金利
  • 固定金利 年3.00% (保証料込み)
ご返済期間
  • 元金据置期間経過後 10年以内
ご返済方法
  • 元利均等方式による月賦償還または月賦・半年賦併用による償還
    元利均等償還とは、貸出期間を通じて元金と利息の合計額が均等となるよう計算された一定額を毎回支払う方式をいいます。
  • 元金据置期間中および分割貸付期間中の取扱い
    元金据置期間中および分割貸付期間中は、元金の返済を行わず、経過利息のみを
    「月賦償還」により、お支払いいただきます。
保証
  • (一社)日本労働者信用基金協会
連帯保証人
  • 1名以上を連帯保証人とします。
担保
  • 不要
手数料
  • 不要
申込受付期限
  • 毎年8月末まで
    ※ただし、10月開校のデュアルシステム訓練のみ10月末まで

(2017年11月01日現在)

※デュアルシステム訓練とは、企業における実習と教育訓練機関における座学(企業における実習に関連した内容)を並行的に実施する職業訓練システムである。