文字の大きさ

投資信託とは

お客さまの資産形成ニーズにお応えする投資信託。
「預金の金利では物足りないが、直接株式投資をするにはちょっと…」と考えるお客さまに、有効な運用手段といえます。
余裕資金の運用の選択肢としてぜひご活用ください。

投資信託の特長(メリット)

  • 少ない資金から購入が可能
    通常、株式や債券などを個別に買う場合は、まとまった資金が必要になりますが、一般に投資信託の場合、1万円から気軽にスタートできます。(定時定額買付サービスについては、月々5,000円から始めることができます。)
  • 分散投資が可能(リスクを抑えた運用)
    株式や債券などの有価証券は、銘柄によってさまざまな値動きをします。そのため特定の銘柄だけに投資をすると、大きく値上がりして利益を得られることもありますが、逆に大きく値下がりすることもあります。複数の銘柄に少しずつ分散して投資すれば、全体の値動きを平均化することができます。
  • 運用は専門家
    投資信託は集めたお金を投資の専門家がいろいろな銘柄に分散投資してリスク(予想どおりにならない可能性)をできるだけ小さくするように運用します。

投資信託のしくみ

投資信託のしくみ ※〈ろうきん〉でのお取扱いの場合

投資信託の種類

公社債投資信託と株式投資信託の大きく2つに分けられます。

公社債投資信託 株式への投資は行わず、国債や社債などの公社債を中心に運用し、安定した収益をめざすファンドです。
株式投資信託 株式を組み入れて運用することができるファンドです。一般的に公社債投信に比べ、リスク・リターンは大きくなる傾向があります。

投資信託と預金の違い

  投資信託 預金
元本保証 元本の保証はありません。
高い収益をめざすこともできますが、元本割れすることもあります。
元本合計1,000万円までとその利息が保証されます。
(決済用預金の場合は全額保護)
利子・分配金 運用状況によって受け取れる金額は変化します。
※投信委託会社の判断により分配を行わない場合もあります。
あらかじめ決められた利率に基づく利子が受け取れます。
手数料 購入時に手数料がかかるほか(ファンドによっては、かからないものもあります)、運用期間中には信託報酬等がかかります。 預入時の手数料はかかりません。
預金保険制度 対象外です。 対象です。

リスクとリターン

一般的にリスクという言葉は、「危険」という意味でよく使われますが、投資の世界では、「儲かることもあるが損することもある」-つまり、「予想どおりにならない可能性」といったことを指します。投資信託の購入は、リスクのある商品に資産を投じることですから、リスクの種類や性質を十分に理解することが大切です。

一般的に、高いリターンが期待できる商品ほどリスクも高いといわれています。ここでは投資信託の主なリスクである「価格変動リスク」「為替変動リスク」「金利変動リスク」「信用リスク」「不動産投信リスク」について説明しますが、商品により特有のリスクがある場合もありますので、購入をご検討される場合は、「目論見書」等でご確認ください。

価格変動リスク 株価や債券は、発行体や発行企業の業績・政治・経済情勢・市場の需給などを反映して変動します。それらの要因による価格変動によって投資信託の資産価値が減少するリスクがあります。
為替変動リスク 円と外国通貨の交換レートは常に変動しています。外国の株式や債券などに投資する投資信託はこの為替変動の影響を受けます。
金利変動リスク 金利の状況は絶えず変動し、債券の価格は金利動向の影響を受けます。一般に金利が上がった場合、債券の価格は下落し、反対に金利が下がった場合、債券の価格は上昇します。
信用リスク 証券の発行体にかかわるリスクです。例えば、債券についていえば、発行体の倒産などの理由により、債券の利子や償還金をあらかじめ決められた条件で支払われないこともあります。
不動産投信リスク 一般に不動産の価値および当該不動産から得る収入は、景気、経済、社会情勢等の変化等により変動し、不動産投信等の価格および分配金はその影響を受けることになります。

投資信託お申込みにあたっての留意事項

  1. 投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。また、当金庫で取り扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  2. 投資信託は、元本および利子の保証されない商品です。投資信託の信託財産に組み入れられた株式・債券等の価格変動や金利・為替相場の変動などにより、基準価額が下落して投資元本を割り込むことがございます。
  3. 投資信託は、購入する際に申込手数料、保有期間中に信託報酬や監査報酬等、換金時に信託財産留保額等がかかります。また、収益分配金受取時や換金の際には税金もかかります。詳しくは下記よりご確認ください。
    ※「投資信託にかかる費用について
  4. 当金庫は投資信託の販売を行います。投資信託の設定・運用は、投資信託会社が行います。
  5. 投資信託の運用による損益は、購入されたお客様に帰属します。
  6. 投資信託の取引は、クーリング・オフ制度の対象外です。
  7. ご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面を必ずご確認ください。

投資信託のことは最寄りの店舗にご相談ください

【営業時間】 平日9:00〜15:00
【休業日】  土曜・日曜・祝日・年末年始

中国労働金庫
登録金融機関 中国財務局長(登金)第53号