生活応援バンク 中国ろうきん 中国労働金庫 金融機関コード2984

ろうきんって?

〈ろうきん〉って普通の銀行と違うの?

業務内容は、預金や融資など、一般の銀行とほとんど変わりません。けれども、資金運用の面で違いがあり、働く人たちが協同でお金を出しあって、お互いの助け合いのために誕生した、営利を目的としない福祉金融機関です。
働くみなさまからお預かりした資金は、働くみなさまの生活向上のために、商品・サービスを通じて還元します。

〈ろうきん〉はどれくらい利用されているの?

日本の各地域に展開する13金庫の利用者は約1,000万人。労働組合や生活協同組合の組合員をはじめ、多くの働く仲間に利用されています。

〈ろうきん〉はいつできたの?

〈ろうきん〉が誕生したのは、第二次世界大戦後のこと。日本は、経済も社会も大変混乱している最中のことでした。当時の金融機関は企業のためのものであったため、働く人たちが協同でお金を出し合って、お互いの助け合いのための金融機関として〈ろうきん〉が誕生しました。
1950年に岡山と兵庫に初めて〈ろうきん〉が設立され、それからわずか5年間で46都道府県に〈ろうきん〉が設立されました。
〈中国ろうきん〉は、2003年10月に中国地方の4労働金庫が合併を行い設立されました。

岡山労働金庫創立当時の店舗

▲岡山労働金庫 創立当時の店舗

はじめてご利用の方へトップへ